FURNITURETOPICS

学習机

| コメント(0) | トラックバック(0)
新学期もはじまりあっという間にGWですね。

我々の業界でもお引越しや桜のシーズンに合わせた店舗や商業施設の開店等
年度末は忙しくなることが多いです。
勿論、新学期や入学シーズンに合わせた学習机のご依頼もその一つです。

今回ご依頼を頂きましたのは以前にデスクをご購入いただいたお客様の次男さんが
小学校入学ということで兄ちゃんと同じデザインのデスクを納品させて頂きました。

お兄ちゃんはナラ材のデスク。
弟くんはウォールナット材のデスクです。
ちゃんと本人が素材を選んでウォールナットに決定をしました。

同じ部屋で仲良く机が並ぶ姿は大変ほほえましい光景であり
私共としましては本当に嬉しい光景でした。

ちなみに私は幼い頃色気のないグレーの事務机をあてがわれておりました...

大人になっても勿論使えるデスクです。
是非ともいつまでも仲良く使い続けてもらえれば幸いです。


kw334_walnut.jpg

あけましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

昨年はやはりといいますか、バタバタしだすと更新も滞り
気が付くと新しい年を迎えておりました・・・
これからも無理なく気ままに更新してゆきます。

どうも最近は修理やメンテンナンスのご依頼を頂くことが多々ございます。
knotで製作した家具は勿論ですが他社のイスなどの修理や生地の張替も多く 、
永く家具をご使用いただくことは本当に嬉しい限りです。

今回ご紹介させて頂くのは昨年末にメンテナンスをさせて頂きましたテーブルです。
12年ほど前にご購入いただきましたナラ材のダイニングテーブル、
表面はウレタン塗装です。

ウレタン塗装はオイル仕上と比べますと汚れや輪染みに強いのですが
ウレタンの塗膜はおおよそ10~15年ほどで弱まってまいります。
勿論ご使用の状態や設置される場所にもよります。
塗膜が弱くなりますと塗装面や色の剥がれなどが起こります。

20170110_1.jpg

こちらのダイニングテーブルはナラ無垢材の天板で製作をさせて頂いておりますので
一旦塗装面をサンディングにてすべて削り取ります。

ウレタンの塗膜が強い状態ですと中々剥がれない塗膜も12年も経過しますと
多少はがれやすくなります。

塗装をはがせば、もう一度着色を施し新たにウレタン塗装を致します。

よくオイル仕上はメンテナンスが簡単でウレタン塗装はメンテナンスが難しいので
オイル仕上を選んだほうが良いという意見を聞きますが、実際はどちらも一長一短で

個人的にはより木材の自然の風合いを楽しむ場合はオイル仕上、艶や色を付け
直ぐに汚れない仕上がりを望まれる場合はウレタン塗装と考えております。

メンテナンスだけで言いますと勿論オイルは簡単に出来るのですが
日々のメンテナンスをすることは結構大変です。

ウレタンでも10~15年程度で再塗装をすればまた新たな状態でご使用いただけるので
どちらが良いのかは、やはり風合いやお客様の好みによるかと思います。

20170110_2.jpg
(再塗装/ウレタン塗装仕上げ)

特に無垢材のテーブルはメンテナンスをして行けば私よりも長生きします。
また次の世代でもご使用して頂ける様にメンテナンスをしてゆきたいと思います。



森の京都博

| コメント(0) | トラックバック(0)
この数日で急に寒くなってきましたね・・・
皆さま体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいせ。

さてさてイベント続きの秋です。
10月26日(水)~31日(木)の期間ジェイアール京都伊勢丹さん10階で「森の京都博」が開催されます。


亀岡市、南丹市、京丹波町、綾部市、京都市右京区京北の6市町から様々なアイテムが出展されております。
knotも京北に工場を構えており出展をさせて頂いております。



森の京都博の内容はディスカバージャパンさんにも掲載を頂いておりますので
下記も併せてご覧頂けますと幸いです。

20161022.jpg

今回新しく製作をしました、和室におけるテーブルをコンセプトとしたダイニングセットも出ております。どうぞ皆さまお立ちより下さいませ。



knotのダイニングテーブルは天板や脚の形状をお選び頂くスタンダードテーブルと
全ての形状をお好みに合わせ製作するオーダーテーブルがございます。

今回は新しく製作をしましたオーダーテーブルのご紹介です。

既にショウルームにも置いております「kw344 ts_chair」に合わせ、畳のお部屋でも
フローリングの部屋でも置けるようにザインをしております。

少し和を感じるテイストのテーブルと言ったところでしょうか・・・

でもこの少しって結構難しい部分です。

細さや曲線の加減は細すぎても強度が取れませんし、やりすぎると無骨になるので
丁度良い塩梅って何にしても大事ですが、最も難しい部分かもしれません。


展示しているのはアッシュの木目を活かしミディアムブラウン色で仕上げております。

ショウルームに展示しておりますのでいつでも覗きにお越し頂けましたら幸いです。

0924_table_wamodan.jpg

鹿児島の家

| コメント(0) | トラックバック(0)
いよいよ9月ですね。
まだまだ暑い日が続いておりますが少しずつ夏の終わりを感じられるようになってきました。

さて、本日はそんな夏に入る少し前にお納めさせて頂きました家具です。

ご依頼いただきましたお客様の鹿児島に住むご両親のご自宅改装にあたり家具のご依頼を
頂きました。

お客様からのご要望は「今回の改装は父が人生の終末期を送る場になるので、家具に触れ続けることで、自分の生きてきた日々を思い返し良かったと思えるような家具になってほしい」との内容でした。

そこまで言って頂けるのは何より嬉しい分、かなりのプレッシャーです・・・

ご自宅の改装プランをお伺いしお打合せをし家具のデザインを考えてゆきます。
洋のテイストをベースにしながらも出来る限り和の良さをを取り入れたデザインをプランし
まとめてゆきました。

納品も自社で鹿児島まで配送しお届け、実は私自身鹿児島初上陸です。

納品に際しては京都から鹿児島まで陸路で行くと10時間強・・・迷わずフェリーを選択し、
これまた人生初「サンフラワー」です。

様々な思入れがありながらの納品、いつも納める瞬間は緊張をします。
デザインは問題ないだろうか、仕上がりは大丈夫だろうか、お客様のイメージと相違ないか等々...

そんな鹿児島へ収めた家具はお客様にも喜んでいただきました。
そして何より嬉しかったのはご両親に喜んでいただけたことです。

今回の家具は納品までご両親はどの様な家具が発注されているのかもご存じない状態でした。
それだけにご両親に喜んでいただけたことは一層嬉しいことでした。

この嬉しさが仕事をしていて一番楽しい瞬間でもあります。

充実感とお土産のかるかんとともにまたまたサンフラーで関西へ帰ってきた次第です。



k_tvboard_lowtable.jpg
KW305 WK_TV_BOARD W  &  KW343 KT_LOW TABLE



k_lowtable_sofa.jpg




k_standardtable_chair.jpg



先日、一級建築士事務所 TOSAKA 冨永さんのご依頼で本棚を製作しました。

通常本棚はある程度自由に置き換えが出来るように可動棚にすることが多いですが

今回の本棚はすべて固定の棚です。

従いましてどこにどの様な本が入るのかが当初より決められています。

納めた時は幾何学的に棚のラインが見える固定棚がすごく印象的で良い雰囲気を

醸し出していました。

固定棚、なかなか良いなぁ~と言うのが率直な感想です。

天井までの高さのこの本棚は搬入経路との兼ね合いもあり3分割にしております。

その辺りは分割が分からないように多少知恵を絞って綺麗なラインで仕上がるように

工夫をしております。

Inbox.png

本棚は収納される本によってもその表情を変えます。

お客様は非常にたくさんの素敵な本をお持ちでしたので

本を収納された時また違った表情になるのもすごく楽しみです。




少し前にショウケースをお納めさせて頂いたのですが、先日追加のご依頼を頂きましてお伺いをさせて頂きました。
西賀茂チーズが有名な「菓欒」さんのショウケースです。

最初にお話しを頂いたときは西賀茂チーズを販売する展示台を製作してほしいとのご依頼でした。
京都土産としても定番となっている有名なチーズケーキです。
お仕事をさせて頂いたお世辞ではなく「西賀茂チーズ」は二種類のチーズをブレンドした一口サイズのチーズケーキで
食感や甘さが本当に絶妙でおいしいです。

私も以前より大ファンのチーズケーキでついつい沢山食べてしまいます。

お打合せをさせて頂き、京都を感じられるものでありながらも和に寄り過ぎないデザインということでコンセプトをまとめ
ショウケースの背の引戸や側面には表具師にも打合せに参加してもらい和紙や布を決めてゆきました。

ショウケースをつくるにあたり様々見てゆくのですがやはり中々難しいものですね。
勿論、主役はあくまでも商品です。
その商品を引きたてながらも存在感を持たせる必要があります。
そのうえ、デザイン以外にもどのくらい照明を入れるのか、どの様に配線を回し目立たなくするのかなど物理的な問題も絡んできます。
色々と悩みましたが最終的にきれいにまとめることが出来てとても素敵なお仕事に関わらせて頂いた思い入れのあるショウケースです。

ぜひともご来店してみてくださいませ。 

nishigamo_cheesecake.jpg


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちFURNITUREカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはknotです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。